• HOME
  • サイトマップ
  • プライバシー&サイトポリシー

ホーム  »  川崎市観光協会について  »  稲田多摩川観光協会

稲田多摩川観光協会

会 長

原島 弘

挨 拶

ようこそ多摩区へ

私達の多摩区は、水と緑と学びのまちです。
川崎市の北部に位置して北に「母なる川、多摩川」が流れています。
今は清流の象徴である天然の鮎が200万尾を超える数で遡上しています。
南には多摩丘陵「たまのよこやま」の一角にひろがる自然豊かな生田緑地があります。川崎市内随一の規模を誇る緑の宝庫です。そこには、「岡本太郎美術館」、「日本民家園」、24年4月にリニューアルオープンした「宙と緑の科学館」(青少年科学館)、春、秋公開の「バラ苑」、そして、全国からファンの詰めかける話題の「藤子・F・不二雄ミュージアム」があります。
他にも、区内には歴史遺産として多数の名所、旧跡があります。水と緑の潤いと、文化、歴史が共生する風光明媚な街です。 また、専修大学、日本女子大学、明治大学の3大学があり、約2万5千人の大学生が集う街です。多くの学生が地元のイベントやまちづくりに積極的に参加し、各大学の特徴を生かして地域活性化に一役買っています。
是非、お出掛け下さい、ご案内いたします!!

稲田多摩川観光協会の概要

当協会は戦後、昭和23年に発足し小田急電鉄ともに登戸河川敷での花火大会を主催。また地元名産品である、多摩川梨、宿河原桃を首都圏東京をはじめ近郊にPRするとともに、それらを『もぎとり』に見えるお客様や「小田急向ヶ丘遊園」(平成14年閉園)、「多摩川」を訪れる観光客の方々をご案内して来ました。しかし、時は流れ花火は中止、区内の宅地開発で「もぎとり梨園」も数少なくなりました。それに変わる、川崎市内随一を誇る『生田緑地』の緑と文化施設を、『母なる川、多摩川』の清流を、そして、多摩区の歴史を物語る神社佛閣あるいは史跡を貴重な観光資源として市内外の方々にご紹介に努めています。昨年より『バスツアー』を初めました。

年間行事

1月 さいの神
七福神めぐり
登戸稲荷社
安立寺他
2月 節分 登戸稲荷社 他
4月 桜祭り 櫻とみどりのバスツアー 宿河原二ヶ領用水(JR南武線宿河原駅)
5月 鯉のぼり祭り バラ苑と生田緑地ウオーキング
さつき展
(宿河原せせらぎ館)
川崎市緑化センター(JR南武線宿河原駅)
6月 あじさい祭り アジサイ寺バスツアー 長尾 妙楽寺
7月 山野草展 川崎市緑化センター
8月 梨狩り
生田緑地サマーミュージアム
多摩川夕涼みコンサート
中野島、登戸、宿河原
生田緑地
セセラギ館下、河川敷
9月 盆栽展
梨狩り 梨狩りバスツアー
エコ・カップいかだレース
川崎市緑化センター
中野島、登戸、宿河原
セセラギ館下、下流
10月 多摩区民祭
多摩区文化祭
生田緑地
多摩市民館
11月 菊花展 登戸稲荷社
12月 郷土芸能フェスティバルー
多摩川音頭
狛江エコルマホール
多摩市民館

バスツアー等の紹介

4月 「櫻とみどりのバスツアー」
二ヶ領用水宿河原掘~生田緑地~菅櫻公園~麻生川
5月 バラ苑と生田緑地ウォーキング
6月 「アジサイ寺バスツアー」
妙楽寺~生田緑地(藍染体験)~セラサモス(野菜買物)~浄慶寺
9月 「梨狩り」バスツアー
生田緑地~修広寺(法話)~梨狩り

花ごよみ

2月 生田緑地
4月 さくら祭り
さくら
藤・つつじ
4月第1日曜日 宿河原二ケ領用水沿い
生田緑地
生田緑地
区内梨園
5月 ばら 生田緑地内ばら苑
6月 あじさい祭り
菖蒲
長尾妙楽寺
生田緑地、市緑化センター
11月 紅葉 生田緑地、小澤城址

お問合わせ

稲田多摩川観光協会 会長 原島 弘
住所: 川崎市多摩区登戸2211-1
電話: 044-922-6543
FAX: 044-922-6543
E-mail: h-harashima@axel.ocn.ne.jp