日本五大工場夜景エリア

 平成23年2月に、全国でも工場夜景観光に取り組んでいる室蘭市・川崎市・四日市市・北九州市が参加し、工場夜景観光の魅力と可能性を探る「全国工場夜景サミット」を川崎市で開催しました。
 サミットでは、四エリアによる「日本四大工場夜景」共同宣言を行い、今後の連携と工場夜景観光の発展を誓いました。
 平成24年11月には、「第3回工場夜景サミット」が室蘭市で開催され、新たに山口県周南市が加わり、日本五大工場夜景エリアへと発展しました。


エリア紹介


神奈川県川崎市(Kawasaki City)

 川崎市の臨海部に広がる京浜工業地帯。この工場群が織り成す夜景は全国的に注目されており、作業用の明かりだけでなく、プラントから吹き出す水蒸気や炎が一体となって、より一層幻想的な雰囲気を醸し出しています。
 平成22年度からは「川崎工場夜景バスツアー」が定期運行されており、普段は入ることのできない場所から工場夜景を鑑賞することができます。
 特にバスツアーで最後に訪れる浮島町の夜景は必見!!
 さらに、海上から眺める「工場夜景屋形船クルーズ」も定期運航されており、車窓とは一味違う表情も楽しむことができます。
 また、各種ツアーではオススメの鑑賞スポットを市民ガイドの“工場夜景ナビゲーター”がご案内いたします。


北海道室蘭市(Muroran City)

 室蘭は海にL字型に突き出した半島であるとともに、山で囲まれた地形のため、湾岸に建ち並ぶ工場群を見下ろすスポットが盛りだくさん。
 工場群の規模は小さいものの、他の工業地帯とは異なる、見下ろす工場夜景鑑賞を楽しむことができます。
 港の入口には、東日本最大の吊り橋「白鳥大橋」が架かり、イルミネーション・ライトアップとともに、製油所や製鐵所、製鋼所、造船所など、港を取り囲む工場群の保安灯が、室蘭の夜を彩ります。
 平成22年5月からは夜景ナイトクルーズがスタート。海上から工場夜景を鑑賞する約1時間のクルーズが、好評を博しています。


三重県四日市市(Yokkaichi City)

 日本で初めての石油化学コンビナート。
 四日市港ポートビル「うみてらす14」から鑑賞するコンビナートは、下の写真の通り圧巻。
 2010年からスタートしたコンビナート夜景クルーズもキャンセル待ちが続出。
 海上・上空・陸上から鑑賞する工場夜景を「3D夜景」とPRしています。


福岡県北九州市(Kitakyushu City)

 九州の玄関口に位置する北九州市。1901年の官営八幡製鐵所の開設以来、日本の近代化に大きな役割を果たしてきた北九州工業地帯には、製鐵所、化学工場などの工場群のすばらしい夜景が広がっています。
 平成23年2月から開始した工場夜景群鑑賞ツアー。最近では、新日本三大夜景の皿倉山と工場夜景が鑑賞できるバス&クルーズツアー、老舗料亭のお弁当やビアガーデンなど食とのコラボなどいろいろな楽しみ方をご提案しています。
 魅力ある北九州の工場夜景をぜひ一度ご覧ください!


山口県周南市(Shunan City)

 瀬戸内海、山口県東部に位置する周南市。その臨海部に広がる周南コンビナート群は石油精製、石油化学をはじめ、無機化学、鉄鋼、セメントなどの多彩な基礎素材型産業が集積しています。市街地や島々に近接する工場夜景は、自分好みに巡るもよし、工場夜景ツアーに参加して楽しむもよし。工場のことも学べるバスツアーや海上クルージングに、工場夜景を楽しめるホテルの宿泊プランなど...さまざまな過ごし方ができるのは、工場夜景に魅力があるからこそ!見る角度が違えば、きっと新しい発見がありますよ!
 夜景評論家・丸々もとお氏が「周南の工場夜景の形態はユニークで全国でも稀な存在。誰もが驚く幻想的な絶景!」と高評価する工場群は必見です。ご家族、恋人、友人・・・と、多くの皆さんで非日常の魅力にハマってください。


関連市リンク

川崎の産業観光

川崎市の観光情報